鍼灸・整骨医院様向け専用お買い物サイト



10947-1

5%ヒビテン液 500ml

通常価格 ¥950

配送料は購入手続き時に計算されます。
エステ・整体で登録の方はご購入できません。 医薬品情報 総称名 ヒビテン 一般名 クロルヘキシジングルコン酸塩液 欧文一般名 Chlorhexidine Gluconate Solution 製剤名 クロルヘキシジングルコン酸塩液剤 薬効分類名 殺菌消毒剤 禁忌 次の場合には使用しないこと クロルヘキシジン製剤に対し過敏症の既往歴のある者 脳、脊髄、耳(内耳、中耳、外耳)〔聴神経及び中枢神経に対して直接使用した場合は、難聴、神経障害を来すことがある。〕 腟、膀胱、口腔等の粘膜面〔クロルヘキシジン製剤の上記部位への使用により、ショック症状(初期症状:悪心・不快感・冷汗・眩暈・胸内苦悶・呼吸困難・発赤等)の発現が報告されている。〕眼 効能・効果及び用法・用量 効能効果 手指・皮膚の消毒、手術部位(手術野)の皮膚の消毒、皮膚の創傷部位の消毒、医療機器の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒 (参考) 本品は下記の濃度(クロルヘキシジングルコン酸塩として)に希釈し、水溶液又はエタノール溶液として使用する。 効能・効果 用法・用量 使用例 手指・皮膚の消毒 0.1?0.5%水溶液(本剤の50倍?10倍希釈) 通常時 0.1%水溶液(30秒以上) 汚染時 0.5%水溶液(30秒以上) 手術部位(手術野)の皮膚の消毒 0.1?0.5%水溶液(本剤の50倍?10倍希釈) 又は0.5%エタノール溶液(本剤の10倍希釈) 0.5%エタノール溶液 皮膚の創傷部位の消毒 0.05%水溶液(本剤の100倍希釈) 0.05%水溶液医療機器の消毒 0.1?0.5%水溶液(本剤の50倍?10倍希釈) 又は0.5%エタノール溶液(本剤の10倍希釈) 通常時 0.1%水溶液(10?30分) 汚染時 0.5%水溶液(30分以上) 緊急時 0.5%エタノール溶液(2分以上) 手術室・病室・家具・器具・物品等の消毒 0.05%水溶液(本剤の100倍希釈) 0.05%水溶液 用法用量 手指・皮膚の消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.1?0.5%水溶液を用いる。 手術部位(手術野)の皮膚の消毒及び医療機器の消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.1?0.5%水溶液又は0.5%エタノール溶液を用いる。 皮膚の創傷部位の消毒及び手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒には、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.05%水溶液を用いる。 (参考) 本品は下記の濃度(クロルヘキシジングルコン酸塩として)に希釈し、水溶液又はエタノール溶液として使用する。 取扱い上の注意 本剤は外用剤であるので、経口投与や注射をしないこと。誤飲した場合には、牛乳、生卵、ゼラチン等を用いて、胃洗浄を行うなど適切な処置を行う。誤って静注した場合には溶血反応を防ぐために、輸血等を行う。 血清・膿汁等の有機性物質は殺菌作用を減弱させるので、これらが付着している場合は十分に洗い落としてから使用すること。 石鹸類は本剤の殺菌作用を弱めるので、石鹸分を洗い落としてから使用すること。 綿球・ガーゼ等は本剤を吸着するので、これらを希釈液に浸漬して用いる場合には、有効濃度以下にならないように注意すること。 本剤は、常水や生理食塩液等に含まれる陰イオンにより難溶性の塩を生成することがあるので、希釈水溶液を調製する場合は、新鮮な蒸留水を使用することが望ましい。 手洗い等に使用する本剤の希釈液は、少なくとも毎日新しい溶液と取換えること。 本剤の希釈水溶液は安定であるが、高温に長時間保つことは避けること。(高圧蒸気滅菌を行う場合は115℃30分、121℃20分、126℃15分で滅菌処理することができる。) 本剤を取扱う容器類は常に清浄なものを使用すること。 本剤の希釈水溶液は調製後直ちに使用すること。やむを得ず消毒用綿球等に長時間使用する希釈水溶液は微生物汚染を防止するために、希釈水溶液にアルコールを添加することが望ましい。(エタノールの場合7vol%以上、イソプロパノールの場合4vol%以上になるように添加する。) 器具類の保存に使用する場合は、腐食を防止するために、高濃度希釈液(目安として本液0.3%以上)を使用し、微生物汚染を防止するために、希釈水溶液にアルコールを添加することが望ましい。(アルコール添加量は上記9.と同じ)本液は毎週新しい溶液と取換えること。 本剤に含有される界面活性剤は、希釈した場合でも長期保存の間に接着剤を侵すことがあるため、接着剤を使用したガラス器具等の長期保存には使用しないこと。 本剤の付着した白布を次亜塩素酸ナトリウム等の塩素系漂白剤で漂白すると、褐色のシミができることがある。漂白には過炭酸ナトリウム等の酸素系漂白剤が適当である。 使用上の注意改訂のお知らせ